浮気調査の料金プランは大きく分けて「3種類」

  • 時間制プラン
  • 定額の成功報酬プラン
  • パックプラン

時間制プラン

時間制プラン

時間制プランとは?

 時間制プランは、調査員の人数とその一人あたりの稼働時間をかけた料金になります。探偵会社によっては「基本料金」というものがあり、例えば基本時間3時間50,000円などと調査に入るたびに基本料金が追加されるというものです。また、ガソリン代や交通機関を使用した場合の交通費など実費経費が別途かかることもあります。調査毎に調査時間と基本料金と実費経費が自動的に加算されますので、調査費用の上限や調査日数の上限を決めておかないと、知らない間に料金が上がり最終的には高額な請求をされる場合がありますので、基本料金の有無や実費経費はどうなるかなど事前に聞くことをおすすめします。

時間制プランのメリット

 時間制プランのメリットは、かかる費用が明確になることです。調査対象者が浮気相手と会う予定日がわかっている、仕事帰りの数時間調査してほしいなど、調査対象者の予定がある程度わかっている場合にはおおよその時間と実費経費等も計算しやすく、だいたいの予算が把握できると思います。

時間制プランのデメリット

 時間制プランのデメリットとしては、調査が長時間に及ぶと高額になることです。また、浮気相手と会って、いきなり遠出をする、テーマパークに入るなど想定を上回る行動をした場合には、思わぬ諸経費がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

このプランがおすすめな方

 調査対象者の行動がある程度把握できている方は、このプランがおすすめです。浮気の事実確認だけでよい、などの場合も時間制にすると低予算でできるでしょう。

定額の成功報酬プラン

成功報酬プラン

成功報酬プランとは?

 成功報酬プランは、成果をあげられた場合に料金を支払うものとなります。調査依頼時に「着手金」を支払うケースが多く見られます。着手金を前払いし、調査の結果により成功報酬は後払いとなります。着手金を支払い浮気調査をお願いしたのに、十分な調査をしてもらえなかったなど悪質なケースもありますので、最低どのくらいの時間を調査してもらえるのか、実費経費の有無、調査の途中経過の報告の有無など事前に確認することが大切です。

成功報酬プランのメリット

 成功報酬プランのメリットとしては、調査が成功しなければ料金が発生しないことです。浮気調査をしても、必ずしも浮気の証拠をつかめるとは限りません。調査日に浮気相手と会うと踏んでいたが会わなかった、調査対象者が用心深く十分な証拠をつかめなかったりする場合もあるので、成功報酬プランであれば料金が発生せず安心です。

成功報酬プランのデメリット

 依頼する探偵会社によっては、トラブルが発生する可能性があります。何をもって「成功した」とするのかが重要で、この条件が依頼者と調査会社の間で食い違いが発生することがあります。「尾行の成功」なのか、「浮気相手と接触した証拠撮り」なのか、「裁判で使える証拠撮り」なのか、成功報酬が発生する条件をしっかり確認することが大切です。

このプランがおすすめな方

 調査対象者が予定が把握できておらずいつ浮気相手と会っているのかわからない人、ある程度長い時間の調査を前提としている人に向いています。また、浮気調査の失敗リスクを懸念している人にもおすすめです。

パックプラン

パックプラン

パックプランとは?

 パックプランは、調査にまとめた時間を設けて、一律料金で依頼するものです。例えば、10時間で20万円というようなスタイルです。探偵会社によっては、「1日プラン」、「3日プラン」など複数日のプランが設けられていることもあります。

パックプランのメリット

 料金が一目瞭然であり、時間制プランで依頼するよりも1時間あたりの料金がお得になっていることが多いです。調査にかかる費用や諸費用も料金に含まれていることが多いので、比較的調査費用を低く抑えることができるでしょう。

パックプランのデメリット

 短時間で調査が終了した場合は、かえって割高になることもあります。かかる費用がいくらになるかわからないという不安からは開放されるものの、ムダなコストがかさんでしまうこともあります。また、パックプランの時間を超えた場合の追加料金の確認もしておいたほうが良いでしょう。

このプランがおすすめな方

 料金が一目瞭然なので、予算が決まっている人におすすめです。また、浮気調査にかかる時間の検討がつかない人に向いています。

まとめ

浮気調査のプラン

 浮気調査の料金プランにどのようなものがあるのかお分かりいただけたと思います。浮気調査を依頼したいけど、きっと金額が高いから…と躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。どのようなプランがあるのかを知ることで、自分にはどういう浮気調査が必要なのかを考える一つの目安になると思います。上記のプランに対応している探偵会社を見つけて問い合わせしてみると良いでしょう。また、問い合わせや相談をする際に下記のことを伝えると一段と料金が明確になっていくと思いますので、参考にしてみてください。

調査対象者の行動パターンを把握する

 調査対象者がどのような行動するのかによっても、浮気調査にかかる費用が変わってきます。

  • 仕事帰りが怪しい
  • 休日に一人で外出するが、どこに行っているのかわからない
  • 自由時間が多く行動パターンが読めない
  • 自家用車で移動することが多い
  • 地下鉄やバスを利用する

 例えば、「仕事帰り」の調査の場合、仕事が終わる18時から終電までの23時まで調査をすると5時間の調査時間となり、「休日の行動」の調査の場合、午前10時に出ていって夜8時に帰ってくるとなると10時間の調査が必要になります。このように、調査対象者の行動パターンを把握しておくと調査時間がどのくらい必要なのかが明確になってきます。

どのような浮気の証拠がほしいのか伝える

 浮気の証拠といっても、「事実確認だけの証拠」や「裁判になったときにも使える証拠」というものがあります。
 「事実確認だけの証拠」とは、浮気しているかどうかの確認となります。「誰かと会って食事へ行った」「一人で時間を潰していた」など、主に調査対象者がどういう行動していたか、浮気の有無を証明するものとなります。日数や時間を絞って調査するので、調査にかかる時間がある程度予測できると思います。
 「裁判になったときにも使える証拠」とは、慰謝料請求や離婚になったときに有利になるもので、「浮気相手とラブホテルに行った」「浮気相手の家に定期的に行っている」など、不貞を証明する証拠となります。必ずしもラブホテルに行くとは限らないし、浮気相手の家に通ってるとなると複数回出入りする証拠が必要となってきますので、長時間の調査時間を要するでしょう。
 浮気を疑い始めた段階ではなかなかこの判断は難しいとは思いますが、どのような証拠がほしいのかを伝えると調査にかかる時間や費用がはっきりとしてくるでしょう。

予算を明確にする

 浮気調査の費用・料金の相場は10~100万円と言われており、調査日数・調査人員・探偵事務所の料金体系によっても左右されるため大きな幅があります。あらかじめ予算を伝えると、予算内でどこまでの調査ができるのかを教えてくれると思います。

エイル探偵事務所はどのプランも対応できます。ご相談内容に合ったプランをご提案いたします!
エイル探偵事務所のホームページはコチラ